So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

高尾の春の小さな花々 [山歩き(日帰り)]

今回は、高尾山に春の花を見に行ってきました。

情報によると、この時期の人気者、ハナネコノメは既に見ごろを迎えているとのこと。
ということは、他の花もそろそろ咲き始めてきているはずです。

 

IMG_5113s.jpg

少し考えて、6号路を登り、3号路から1号路を下るルートを行くことにしました。
これならいろんな花が道中咲いてるお花見ハイクになるはずです。
花粉が厳しい季節でもありますが、このルートならマスクをつけても歩けそうですし。

目標は、ハナネコノメ、ヨゴレネコノメ、ヤマルリソウ。それにスミレを2種以上。
ニリンソウも咲き始めていそうだけど、この道中はどこかにあったかな?
あと、名前だけは聞いたことのあるカンアオイっていうやつも気になります。時期や場所が今ひとつよくわかっていませんけど。

 


つづきをみる


ぽかぽか山里歩き ユガテ~顔振峠 [山歩き(日帰り)]

今回は、山上集落の風景を楽しめるユガテから顔振峠を歩いてきました。

 

IMG_4862s.jpg

最初は、日和田山からユガテまでを歩こうと考えていたのですが、前夜に飯能のゆるキャラ夢馬(むーま)くんの情報が流れてきました。

顔振峠でさくらが八分咲!!さくらと梅の両方を楽しむことができるまあ♪ 今週末のハイキングは飯能で決まり☆さくらと梅と絶景を楽しもう」
山上の桃源郷、ユガテで蝋梅が満開だま ユガテを通るコースはこちらだま!【hanno-tourism.com/2-aruku/A_02ip…】 このコースでは絶景やさくらと梅の花が楽しめる顔振峠も通るよ♪ 今週末のハイキングは飯能で決まり」

ユガテは山中の小さな集落で、のどかそうな景色が人気になっています。
顔振峠(こうぶりとうげ、かあぶりとうげとも)は行ったことがないのですが、よく聞く名前です。車道が通っていて茶屋があるそうな。

むーまくんのお勧めに従って、お花見ハイキングにすることにしました。

 

つづきをみる


冬の浅間嶺と払沢の滝 [山歩き(日帰り)]

今回は、お手軽に雪道を楽しめる浅間嶺を歩いてきました。

 

IMG_4521s.jpg

数日前に雪が降ったとのことで、いいタイミングだと思います。
北斜面を歩くので雪が溶けにくい場所ですし。
アイゼンさえあれば危険箇所はなく、行動時間も短くてお手ごろです。

 

つづきをみる


地図読みハイクふたたび 多峯主山~龍崖山 [山歩き(日帰り)]

今回は飯能の低山、多峯主山や龍崖山を歩いてきました。

今週はお山はお休みかなとも思っていたのですけど、ちょっとくらいならと。
いくらか前に歩いたルートをなぞることにしました。
このあたりなら雪もありませんし、下山後に寄り道もできます。

 

IMG_4350s.jpg

このルートは、雑誌の地図読みドリルの課題になっていた道です。
前回歩いた時は、思いのほか難しくておもしろかった。なかなかいいルートが課題になったものです。
道自体はよく歩かれていて道標も多い里山で、道に迷う心配はありません。
ですがその道は、登山地図にも地形図にも書いてない道。
尾根、小ピーク、沢、いろいろな地形が何度も現れるということもあり、地形図読みの課題にはぴったりかも。

 

つづきをみる


関八州見晴台、登っても下っても楽しいお山 [山歩き(日帰り)]

今回は飯能の関八州見晴台に行ってきました。
ここも、自分にとっては冬の定番のひとつですねえ。
展望はいいし、道は冬でもそう悪くないし、下山したらお風呂があるし。

 

IMG_4227s.jpg

前日に雪の予報がありましたけど、そもそもの降水量が少なくてぜんぜん関係ない様子。
前の週に歩いた人のレポートを見たら、山頂にも雪はあまりなさそうでした。
4本爪の軽アイゼンをザックに入れておけばいいか。

 


 

つづきをみる


高川山で登り初め [山歩き(日帰り)]

今年の登り初めは、大月の高川山でした。

ここ数年は箱根の金時山に行くことが多かったのですが、今年はいろいろあって年末年始はお山には行けず。
やっとのチャンスで天気もそう悪くはなく、ただ強い寒気がやってくるとの予報が。
寒いとは言っても標高1000m足らず。防寒をしっかりしていけば問題ないでしょーと、自分にとっての冬の定番のひとつ、高川山にしました。

 

IMG_4135s.jpg

おー、寒い。
去年の福袋で当たったジャケットのおかげで身体は寒くないのですが、冷え切ったストックを握る手が冷たい。
以前よりも厚手の手袋なのになー。カイロを手袋の中に放り込みます。

 


 

つづきをみる


学研二眼レフも持ってきました [山歩き(日帰り)]

ほいで先日撮った、二眼レフカメラの写真です。
大人の学研の付録の、自分で組み立てるトイカメラです。
フィルムのおかげか、赤の発色がきれいなように感じるので、高尾山に持って行きました。

前夜にフィルムを入れようとしたら、箱に入った新品フィルムが1個と、箱から出ていたのが1個ありました。
出ているほうは新品なのか撮影済みなのか。
ネットで調べたけど、これといった見分け方はないみたい。
わからないやつと新品とで、違いがないか手に持っていたら、今度はどっちが新品かわからなくなりました。

 

FH000003s.jpg

1号路の登り道。
周囲は盛大に流れていますが、真ん中はそれなりに解像します。

フィルムが大丈夫かは現像するまでわからないのですが、たぶん大丈夫なはず。
このトイカメラだとフィルムに何かしら跡が残りそうなものだけど、2個とも全く同じ見た目だったし、最近の写真を見返してもこれで撮った記憶はたぶんない。
もし仮に全部二重露出になったとしても、それはそれでいいや。(でもそうなったら現像屋さんはどうするんだろう。1回目と2回目、重ならずにずれてて、コマの境目がなくなってるだろうし。)

この日撮影し終わってフィルムを全部巻き取ってみてわかったのですが、このカメラで巻き取ったら元通りにはならないので、今回みたいに見分けがつかないということはなかったです。

 

つづきをみる


近くの貴重な紅葉の山 高尾山~景信山 [山歩き(日帰り)]

今回は高尾山から景信山を歩いてきました。

下界の木々も色づきが進み、お山の紅葉もそろそろ終盤。
高尾山の紅葉ってそう言えば見たことなかった。
東京の山は杉の植林に置き換わってしまった中、高尾山には自然の森が残され動植物の多様性が保たれています。
落葉樹も多く、紅葉が期待できそうです。

 

IMG_3548s.jpg

今回は1号路を登ります。
お寺を通ったほうがもみじとかありそうですし。
沢沿いの道にも、もうきれいな木がちらほら。

 

つづきをみる


落葉樹林と見晴らしの稜線 大菩薩嶺 [山歩き(日帰り)]

今回は大菩薩嶺に行ってきました。

今年は紅葉がすごい、ということはなさそうな話ですが、そろそろシーズンです。
予報によると、うまい具合にすっきり晴れるかどうかは五分五分くらい。
これより先になると寒くなるので、今くらいがいいんじゃないかな。
上では9℃+風速10mという予報もあるので、防寒防風の備えはしておきます。
数年前の同時期、フリース、ダウン、ウインドブレーカーと着こんでもまだ震えていたことがありましたし。

 

IMG_3431s.jpg

バスは並ぶだろうから、トイレ時間込みで1本早い電車にしました。
トイレから出るともうバスがいて、係員の人に「終点までですか?乗ってください」と補助席の最後の数席に案内されました。
始発よりも30分かそこら早く臨時便は発車。ありがたや。

 


つづきをみる


センブリの小さな花束を 高尾山~景信山 [山歩き(日帰り)]

今回は高尾山から景信山を歩いてきました。
また高尾山と侮るなかれ。高尾山で守られている多様な自然はこのあたりでも随一であり、この密度を他に求めるなら休日の散歩ではとても済みません。

 

IMG_3333s.jpg

特に今回のお目当てはセンブリの花。
ちょうど今の時期、奥高尾あたりで見られるそうな。

センブリは自分の持っているポケット図鑑の表紙も飾っている花ですが、この間までは見たことなかったし、写真写りもぱっとしなかったし、こんなミョウガみたいな花がなんで表紙に、くらいにしか思ってませんでした。

でも前回大山で初めて見つけて、印象よりも小さくてちんまりまとまっていて、 もっと見たくなりました。

見られるのは一丁平と陣馬山…両方行く元気はないし、陣馬山だと他の見所が微妙かなあ。
ってんで今回のルートに決めました。

 



 

 

つづきをみる


前の10件 | -